スポンサードリンク

サンボマスター

2003年のメジャーデビュー以来、その独特のルックスと熱いステージで独特の存在感を放っているロックバンドサンボマスター

10年以上前のことですが、テレビドラマ電車男の主題歌を歌っていたバンドと言えばピンとくる方もいるかもしれません…が、今もなお日本のロックシーンにおいて欠かすことのできない重要なバンドであることは間違いありません!

コンスタントに活動を続けている彼らですが、ここ最近にわかに脚光を浴びつつあります

というのも、映画やドラマでおなじみのチアダンのモデルになっている福井商業高校のチアダンス部が彼らの楽曲を使ってダンスしているということが話題になった縁なのか、サンボマスターの楽曲がテレビドラマの主題歌に抜擢されたんです

サンボマスターがチアダンの主題歌?

ちょっとイメージが湧きにくいかもしれませんが、そんなサンボマスターの楽曲の魅力や使用機材をギタリスト目線で徹底分析していってみようと思います

最後までお付き合いくださいね!

チアダンの主題歌はこれだ!泣きメロと綺麗なコード進行が特徴

輝き出して走ってく

うーむ… 爽やかですね!

非常に失礼なんですが、バンドのルックスやイメージからは想像ができないぐらいとても爽やかな仕上がりになっていると思います

でも、サンボマスターの凄いところってこういうギャップがある所なんだろうなと改めて感じさせられます!男臭くてメッセージ性の強い歌詞の楽曲だけではなく、繊細な気持ちも表現できてしまうあたりバンドの懐の深さが伺い知れますよね

ちょっと難しい話になりますが…

曲の冒頭でギターとボーカルだけのパート、なんとなく切なく心に響いてきませんか?ギターのコード進行で「クリシェ」というパターンがあるのですが、そのクリシェ進行が取り入れられていて従来のサンボマスターのイメージとは違った表情を見ることができます

切ないギターの響きと訴えかけるような山口さんの歌唱が楽曲のイメージを決定づけていて、とても綺麗なメロディラインが最後まで楽曲を彩っています!

音楽って面白いですよね!少し工夫すれば、自分自身のイメージを覆すような新しい表現もできちゃうんですからね!

ドラマのイメージにも合っていてとても素敵な楽曲ですね!

スポンサードリンク

ギターボーカル山口の使用機材はこれだ!

そんなサンボマスターのギターボーカルを務める山口さん、一体どんな楽器を使用しているんでしょうか?ここからは機材を紹介していこうと思います

Gibson Les paul special

山口さんのトレードマークとも言えるこの黄色いギター、ギブソンのレスポールなんですが…ちょっと普通のレスポールとは違うLes Paul Specialという機種なんです

何がスペシャルなんだよ?とツッコミが聞こえてきそうですが…

そもそもギターの入門機として世に出たLes Paul Juniorのアップグレード版として1955年にリリースされたのが始まりで、それからは紆余曲折ありながら現在も多くのギタリストに愛用されています

基本的にオクターブ調整や弦高調整ができないブリッジの形状なので全体的にチューニングが甘めになってしまうのですが「そんな微々たる狂いなんか屁でもありません」というロックギタリスト達が好んで愛用していますよね!精密なチューニングができない分無骨なサウンドが魅力のギターです!

Xotic RC Booster

山口さんが唯一使用しているフットペダルがこれ!エキゾチックのRCブースターです!定番のブースターとしてギタリストの間ではよく使われているエフェクターで、どちらかというと中音域から高音域あたりの音域を綺麗にジャンプアップさせてくれるような印象です。

サンボマスターは3ピースバンドなので、バッキング時はオフにしているのかもしれませんがソロを演奏するときにこれを踏めば単音弾きでもバンドサウンドに埋もれることなく綺麗に音が抜けてくるはずです!ゲインのつまみも付いているのでちょっとワイルドめのサウンドに加工したいときは歪ませてやることもできる、なんとも便利なブースターなんですよ!

Fender Custom Shop Tone Master

出ました!皆の憧れ、フェンダーのTone Masterですね!

フェンダーのアンプの中では最も上位ランクのアンプで、フェンダーアンプのキャラクターを残しつつさらにゴージャスな雰囲気のサウンドが持ち味の本当にいいアンプなんです。バンドが3ピースで音の数が少ない分、各パートの演奏スキルとサウンドメイキングが非常に重要になってくるわけなんですが…そこは山口さん抜かりないですね!

出力される音域や大きな音も出るこのアンプであれば、どんな会場でも無骨ながらもゴージャスな個性的なサウンドを作り出すことができると思います!

まとめ

福井県の学校がモデルになっているだけあって、劇中で使われる福井弁が何ともほのぼのとした雰囲気を醸し出しているこのドラマ、サンボマスターもどことなく素朴な雰囲気があって実は良いマッチングなんじゃないか⁈と思っている筆者ですが

今回の主題歌は素朴な中にも「切なさ」「聴きやすさ」そして何より「新しさ」が含まれているように思います!「古き良き音楽」だけで終わらないサンボマスターの楽曲がドラマの主題歌に使われる所以かもしれませんね!

最後まで読んでいただいてありがとうございました



スポンサードリンク