スポンサードリンク

神様、僕は気づいてしまった

神様、僕は気づいてしまった

え⁉︎一体何に気づいたんですか?と聞き返してしまいそうですが…いやいや違うんです、これバンド名なんですよ!通称「神僕(かみぼく)」と略して呼ばれることもあるみたいですね!バンドの名前もついにここまで来たかという感じを受けます

さて、そんな「神僕」なんですが一体どんなバンドなんだろうとインターネットで検索してみても一向にメンバーの写真などのビジュアルが分かりません。日本各地の音楽フェスやライブハウスのスケジュールを確認してもライブをやっているような様子もありません…

 

一体どうやって活動しているの?

 

どうやら楽曲をリリースして、さらにMVで世界観を前面に押し出すことによってバンドのイメージを定着させるような手法を用いているようなんですが…

何だか気になりませんか?

もしかするとそう思った時点でバンドの魅力に惹きつけられているのかもしれません!本当に謎の多い「神僕」ですが、ミュージシャンの目線からその活動を分析していってみようと思います!

最後までお付き合いくださいね!

気になるメンバー編成は?演奏は超本格派!

これが神僕のビジュアルなんですが、いやいや凄いですね!まるでゲームの世界からそのまま出て来たようなルックスのバンドですね!近頃増えて来た覆面バンドとも一線を画すような出で立ち、この画像を見ているだけでも音が聴こえてきそうなぐらい強烈なルックスです!

ちなみに、公開されているメンバーの情報は…

  • Vo. Gt. どこのだれか
  • Gt.東野へいと
  • Ba.和泉りゅーしん
  • Dr.蓮

 

日本人なんだか外国人なんだかアニメのキャラクターなんだか全然分かりませんね!

 

バンドメンバーのプロフィールを公開しないで活動をするというのはそれほど斬新なものではなく日本の音楽シーンでもよく取り入れられている手法です。だけれど闇雲に顔や素性を隠して演奏すれば注目されるという訳ではなく隠した上でどんな情報をリスナーに提供していくかというのはとてもセンスが問われることだと筆者は思います

人間でないとすれば、宇宙人なのか?ロボットなのか?はたまた動物なのか?

こういうバンドはコンセプト命!バンドが作り出す世界観を見ている人や聴いている人たちに強烈に印象付けなければ顔を隠す意味なんて微塵もないんですから…

神僕はバンド名やWEBで公開しているバンドのイメージのイラストやメンバー名まで、どこかしら人間のネガティブな側面を切り出して表現しているのではないか?と筆者は感じます

大人になるにつれて色々なことに気づいていく若者の苦悩ってどんな世代でも共通のことなんじゃないでしょうか?本当の所はメンバーにしか分からないのでしょうが、見ている人たちの想像力を掻き立てさせる所にこういうバンドの面白さがあるような気がします

スポンサードリンク

サイケデリックなMVと攻撃的なサウンドメイキング!

そんな神僕の世間との窓口とも言えるミュージックビデオを見てみましょう!

UNHAPPY CLUB

ファンキーな16ビートのカッティングから始まって、ギターのタッピングが曲をどんどんカラフルにしていきます!そして満を持して放たれるVo.Gt.どこのだれかのヴォーカルはとても中性的!かなりの高音域にまで達しているのでとてもインパクトがあります!

曲の展開や構成は一般の人にも聴きやすいように

イントロ → Aメロ → Bメロ → サビ

というようないわゆる王道の進行なんですが、カラフルな照明やド派手な衣装に加えて昨今のテクノロジーを駆使しまくったサウンドメイキングによってとても攻撃的だな!という印象を受けます

極め付けはやはり言葉選びのセンス、奇抜に見せるような下地の上に強力な言葉をのせる事でバンドの世界観がグッと広がっているような印象を受けますよね!

で、演奏が激ウマ!

いくら衣装や世界観で周りを固めていたとしても中身が伴っていなかったら本物感って絶対に出ないと思うんですが、その点神僕は全メンバー凄まじい演奏スキルが伴っているので偽物っぽさとか嘘っぽさを全然感じません。もしかすると、バンドそのものがビジュアルや企画にばかり傾倒している日本の音楽シーンに対するアンチテーゼなのかもしれませんね!

俺たちは音楽を通して表現しているんだぞ!と何も言っていないのに伝わってくるようです

いやぁ、音楽って本当に面白いですよね!

まとめ

それにしてもこんな過激なバンドの楽曲がテレビドラマの主題歌に抜擢されるんだから世の中って不思議だなぁと思ってしまいます

このドラマの主題歌を

このバンドが担当しているんですからね(笑)

いくら謎が多いと言ってもやはりポピュラーミュージックのバンドだけあって曲自体はとてもキャッチーで聴きやすい仕上がりになっています。もっと言えば、本当はもっとエグい音楽を作りたい根っからのアーティストなのかもしれないけれど、ポピュラーミュージックのカテゴリーの中で自分達をこれだけ表現することができてしまうんですから!

彼らは天才なのかもしれませんね!同じミュージシャンとしてとても羨ましいです!

これから彼らのビジュアルがどのように変化していくのか?

彼らの音楽がどのように進化していくのか?

彼らの活動がどのような方向性に向かうのか?

気になって仕方ないです!

 

最後まで読んでくださってありがとうございました!



スポンサードリンク