スポンサードリンク

中井りか( NGT48)

そのルックスと裏腹な毒舌キャラで注目を浴びるNGT48の中井りかさん!

普通のアイドルとは一味も二味も違うな〜なんてネットで彼女のことを調べていたら、どうも彼女は筆者と同じ富山県出身だということが分かったんです!

自分の出身県のことながら、富山の女性ってどちらかと言うと控えめで前に出たがらない性格の子が多いように思っていたのですが富山からでも全国区のアイドルが出るんだな!なんて思いましてね

2018年にはテレビで見る機会も増えてきた中井りかさんについて、他の人達とはちょっと違う視点で富山出身の筆者が地元感満載で紹介してみようと思います!

プロフィールを紹介!出身校は一体どこなのか?

  • 名前:中井 りか
  • 生年月日:1997年8月23日
  • 身長:156cm
  • 血液型:A型
  • 事務所:太田プロダクション
  • 出身:富山県富山市

ネットで情報を見ていると富山県富山市出身という情報が流れていますが…情報を総合していくと彼女は富山市の大沢野地区の出身なのではないか?と推測できます(画像参照)

富山市の中心部から岐阜県へ向かうように南に進んだ所に大沢野地区という所があります、市町村合併によって富山市になる前は大沢野町という自治体でしたが現在は富山市の一部になっています

 

何というか…かなりひっそりとしているというか、地味な所なんです…

 

語弊を恐れずに言ってしまうと、かなりの田舎です…

 

中井さんの出身校はこの街に1つだけある大沢野中学校だと推測されます!筆者が若かりし頃、この学校はかなりヤンキーが多いことで有名でした。今でもそんな名残を見ることができたりします。中学卒業後は隣にある八尾高等学校に進学した中井さん、八尾といえば越中おわら風の盆が全国的に知られています

おわら風の盆というのは9月の1日から3日までの間、街のあちこちで胡弓と三味線が鳴り響き踊り手が街を踊りながら練り歩くという何とも風流なお祭りなのですが…下世話な筆者は中井さんもこの祭りで踊ったりしたのかな…なんて勘ぐってしまいます。もし本当にそうならばさぞかし美しかっただろうな…なんて想像してしまいます

スポンサードリンク

MVでは富山弁全開!「抱いてやっちゃ」の本当の意味は?

抱いてやっちゃ桜木町

いやいやいやいやこれヤバいでしょ!と、思わず出川哲朗さん風に言ってしまいましたが…何がヤバいかってこの曲のタイトルですよ!抱いてやっちゃ桜木町ですよ!一体どういう意味なのか分かってタイトルつけているんですかね?秋元さん!(笑)

「だいてやっちゃ」というのは富山弁で「奢ってあげるよ」という意味なんです。語呂合わせでこのタイトルをつけたのでしょうが、よく見てください!漢字表記は「抱いてやっちゃ」なんですよ!この場合厳密に考えると「奢る」という意味を外れて標準語と同じ「抱いてやるぜ!」になるんではないかと筆者は考えます(笑)

そして桜木町というのは富山で一番の繁華街のことなんです!

東京で言えば歌舞伎町のことなんです!!

 

つまり

このタイトルを標準語訳して東京風に言うと…

 

抱いてやるぜ!歌舞伎町でということになります

(あくまで筆者の独断と偏見ですが、笑)

 

と、まぁ冗談はこの辺までにしましょう!

このMVには富山ゆかりのスポットがたくさん出てくるので、富山出身の人からすると「あ、あの場所で撮影したのかな?」なんてすぐに想像できたりします!

富岩運河環水公園

総曲輪通り

桜木町

富山にお越しの際には是非とも足を運んでみてくださいね!

まとめ

ここまで「ほぼ地元ネタ」を含めて中井りかさんのことを紹介してきましたが、内心筆者だって同郷のアイドルなんですから気にならないと言ったら嘘になってしまいます!せっかくならどんどんのし上がって総選挙でも上位にいって欲しいなと思っていたりもします!

何故かって?

筆者も富山出身で音楽の道を志して東京に行ってはみたものの…志半ば、現在は富山に戻って細々と生きている身です。そんな中、いきなりNGTのセンターに躍り出たかと思えば色々な話題を振りまいて芸能界でたくましく活動をしている中井さんを見て、心から「凄いな」と思いましたし「どこまで突き進んでいくのかな?」と期待感が膨らんだこともありました!

地味で控えめだと言われることが多い富山県民ですが、近年はスポーツ界や芸能界で活躍する方をよく見かけるようになりました。同じ富山県出身者として陰ながら中井さんの活動を応援していこうかなと思っている筆者です!

最後まで読んでいただいてありがとうございました!



スポンサードリンク