スポンサードリンク

高橋一生が歌手デビュー!

俳優の高橋一生さんが遂に歌手デビュー!というニュースが巷を賑わせています

しかも…ロックバンドエレファントカシマシの宮本浩次さんが初めてプロデュースを手がけるということで、一体どのような仕上がりになっているのか筆者も興味津々な訳なんですが…

実際のところ高橋さんのミュージシャンとしての力量ってどうなんでしょう?

過去にはCMでブルースハープを演奏!弟がバンドマン

まず注目すべきはこの動画、高橋さん楽器できるんですね!

しかもトロンボーンの名手ハマケンこと浜野謙太さんと東京スカパラダイスオーケストラを従えて堂々のセンターです。何がアツいって、まずブルースハープを演奏できるってところが凄いしブルースハープを選んでいるというそのセンスが渋いですよね。「目立ちたいから楽器を演奏しよう」という場合、大体の人が筆者のようにギターを選択したりするものですが…

あくまで筆者の独断と偏見ですが、ブルースハープと言えば「黒人ブルースマンの十八番」「ボーカルやギター以外で存在感抜群のソロ演奏ができる」そんな楽器だと思っています

 

実際に手にとって演奏してみると、これがまた難しいんですよ!小さな穴の中に息を吹き込んだり吸い込んだりして音を出す訳なんですがキレイに音を出すだけでも難しいったらありゃしない。その音を次々に紡いでいってフレーズにしなければいけないんですから、かなり高度な音楽的センスを求められる楽器なんです

何が言いたいかって、音楽的なセンスがなければブルースハープを選ばないだろうし演奏できない!ってこと。高橋さんの音楽に対する興味とかリスペクトが手に取るように伝わってきます

 

スポンサードリンク

弟、安倍勇麿(never young beach)

ロックバンドnever young beachのボーカルギター安倍勇麿さんが、高橋さんの弟であるというのはとても有名な話です。異父兄弟ではありますが、面倒見の良い高橋さんが下の兄弟たちの面倒をよく見ていたようで兄弟仲は良好なようです

複雑な家庭環境や壮絶な人生経験を持っている人って良い意味でとても深みのある言葉を発するし、表現力が豊かな人たちが多いなという印象を持っています。自身からも発言があるように複雑な家庭環境で育ち、時には危ない橋を渡ったこともあるんじゃないか?と思われるこの兄弟、兄が俳優で弟がミュージシャンとして大成している理由の一つとして挙げてもいいのではないか?と思います

「俳優業で培った表現力」を音楽という分野でどれだけ発揮できるのか?これから見ものですね!

気になるボーカリストとしての力量は?

何を語るより、実際の歌を聞いてみるのが一番分かりやすい!ということでこんな映像を見つけました!高橋さんの歌声、爽やかなルックスからは信じられないぐらい音域が広くて太いです。何より彼の発する日本語が、歌うことによって面白い発音に変化しているので言葉が聴いている側に突き刺さってきます

歌手って歌が上手いだけでは全然面白くありません。音程を取るのが上手でアナウンサーのように綺麗な日本語を喋る人が歌ってもボーカロイド全盛の現代では何の個性にもなりません

「高橋さんの個性的な歌声は歌手として通用する!」筆者はそのように考えます

エレカシ宮本が初プロデュース!魅力を引き出せるのか?

俳優の高橋一生が歌手デビュー!というニュースだけではあまり驚きはなかったのですが、筆者が何より面白いなと思ったのはエレファントカシマシの宮本浩次がプロデュースを手がけるという点につきます

宮本浩次

宮本さん自身も「超」がつくほどの個性的なボーカリストでありながら、他のアーティストのプロデュースをする!しかも人気俳優の歌手としてのデビュー曲をプロデュースするなんて一体誰が想像できたでしょう?ですが、これってとても理にかなった人選かもしれません

インディーズのロックバンドをプロデュースするのであれば、楽器や音楽理論にも精通したギタリストやベーシスト上がりのミュージシャンがプロデューサーとして抜擢されることが多いのですが、何せ高橋さんは今をときめく人気俳優ですしソロの歌手としてデビューするわけですから

高橋さんの俳優としての個性をボーカリストとしての個性へ昇華させることができる人物が必要だったのでは無いでしょうか?

もともとライブハウスや路上で音楽活動をしているミュージシャンであれば「歌うたい」としての個性や力量というのは自然に磨かれていくものですが、何せ高橋さんは根っからのミュージシャンではありません。その部分を最大限に引き延ばそうというのであれば宮本さんはうってつけの人物かもしれません。高橋さんがもともと持っている魅力やカリスマを、宮本さんがどれだけ「歌うたい」として引き出せるのか?

個性的な宮本さんの影響だって少なからずあるでしょうから、出来上がってくる作品はとても面白い仕上がりになるんだろうな?とワクワクが止まらない筆者です。

まとめ

「人気俳優の歌手デビューをロックバンドのボーカリストがプロデュース」というだけでも話題性が抜群なのに、いきなり自身が出演するドラマの主題歌に抜擢されてお披露目されるって…ある意味過酷だなと筆者は思います。結果が出なければ散々叩かれてしまう可能性だってあるし、俳優業に差し支えてしまう可能性だってあるわけですからね!

あえて茨の道を歩いていく決断をした高橋さん、その覚悟って並大抵ではないと思います!

 

気になる楽曲のタイトルは「きみに会いたい」

宮本さんが書き下ろした曲だと考えると全然安っぽく響かないから不思議ですよね。

ボーカリスト高橋一生と、プロデューサー宮本浩次のこれからが楽しみでしょうがない筆者です

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました!



スポンサードリンク