スポンサードリンク

コーラス ・エフェクターとは?特徴を紹介

オーバードライブやディストーション等の歪みエフェクターや、ディレイやリバーブ等の空間系のエフェクターと並んで、よく耳にするコーラス・エフェクター

簡単に説明すると、ギターの原音に対してほんの少しだけ遅れた音を織り交ぜることによって得られる「揺らぎ」のサウンドを機械的に作ってしまおうというエフェクターなんです!

様々な名曲に使われている割とメジャーなエフェクターなのでこれがコーラスサウンドなんだ!ということを気づかないまま耳にしているということがほとんどだと思います

あの名曲に使われているサウンドもコーラスサウンドだった!

NIRVANA  Smells Like Teen Spirit

ロックが好きな人なら1度は聴いたことがあると思われるこの曲

激しいイントロのリフが終わってメロディに入る前の「チャラ〜ン」というシンプルなギターの単音のサウンド、これも実はエレキギターにコーラス・エフェクターをかけた代表的なサウンドなんですよ

単音なのにどこか深みのあるうねった音が特徴です!

サウンドに大きな変化を持たせたい時、アレンジにアクセントをつけたい時、単調なカッティングを特徴のあるサウンドにしたい時など、色々な場面で活躍する縁の下の力持ちです

ほんの少しだけ音に変化をつけたい時から、ギターソロで個性的なサウンドを作る時まで実は幅広い使い道があるコーラス・エフェクターのおすすめ機種とその使い方を、ギタリストならではの目線で紹介していこうと思います

スポンサードリンク

筆者オススメのコーラス・エフェクターを紹介

それでは現役ギタリストの筆者がいくつかおすすめのコーラス・エフェクターを紹介していきましょう!まず紹介するのはコレ!

SMALL CLONE(スモールクローン)

NIRVANAのカート・コバーンが使ったことで一躍有名になったエフェクターがコレ、エレクトロ・ハーモニクスのSMALL CLONE (スモール・クローン) です!

ビッグマフみたいな、超個性的なエフェクターをリリースしているブランドだけあってコーラス・エフェクターも超個性的!「音を綺麗に装飾しよう」なんて気が全く感じられないエフェクターです!

コーラス・エフェクターの個性って、音の揺れ方や揺れ幅によるんですが、SMALL CLONEは揺れ方の度合いがとても激しくてどちらかと言うと心地よいサウンドではないかもしれません…が

そのエグい音の揺れ方から得られる効果は絶大で、結果的にとても怪しい雰囲気のサウンドを作ることができるんです!カート・コバーンもそんなところを気に入ってこのエフェクターを使ったのかもしれませんね

ディストーションで深く歪ませたサウンドの上にこいつをかけてやれば個性的なエフェクト・サウンドにインスピレーションを受けた超個性的なソロフレーズが飛び出してくるかもしれませんね!

LINE6 MM4

続いて紹介するのはコレ!よく見るLINE6の青いやつ(MM4)ですね!

コーラスだけでなく、トレモロやフランジャー、ディメンジョンなんかも搭載されているいわゆるモジュレーション系のマルチエフェクターです!こいつがリリースされた頃から大幅なモデルチェンジは行われていないものの、未だにトップギタリスト達に愛用され続けているのはその使い勝手の良さと何と言ってもエフェクトの「かかりのよさ」からだと言えるでしょう

コーラス・エフェクターは、個体によってはエフェクトがかかっているんだかかかっていないんだかわからないようなシロモノもたくさん出回っています

その点LINE6のエフェクターはとても秀逸です!

ギターを弾いて演奏しているギタリストはもちろん、リスナー目線で聴いても「あ、何だか音が違うな」とはっきりわかるぐらいエフェクトの「かかり」が良いんです!

演奏する側からすると「かかりすぎ」かな?と思ったり、なんだかエフェクトのかかった音が浮いて聞こえてしまうような気がする場合もあるんですが…

かなりの数のモジュレーション系エフェクターを網羅してこのクオリティが出せるこのエフェクターは持っていればライブからレコーディングまでモジュレーション系の音作りで困ることはないでしょう!

maxon CS-550

次に紹介するのはMAXONのステレオコーラス、CS−550

「シンプルなコーラスが欲しい!」というギタリストにおすすめなのはコイツです!アナログディレイもそうなんですが、MAXONのエフェクターはスタンダード且つ確実!

びっくりするような個性的なサウンドではなく、かと言って控えめでもない、いわゆるちゃんとしたコーラスサウンドが特徴です

なのでギタリストによってはちょっと古臭く感じてしまうかもしれませんが、ヴィンテージテイストのサウンドが好きなギタリストにとってみれば鬼に金棒のようなエフェクターだと言えるでしょう

アナログの回路を使っているので、デジタル回路を使っているコーラスよりもきちんと原音を処理しているような印象を受けるのと、アナログならではのハイが削られたようなウォームなサウンドがとてもコーラスらしいコーラスだと言えます

どれを選ぶか迷ったらMAXONにしてみてください!一家に一台、必ず損はさせません!

ARION STEREO CHORUS SCHーZ

最後に紹介するのはコイツ!

え?何このチープなオモチャみたいなエフェクター!と思ってしまったそこのあなた、その通りです!このARIONっていうメーカー、安い価格帯のエフェクターをリリースしているブランドなんですよ。じゃあサウンドも安っぽいんじゃない?全然かからないんじゃないの?と思われがちなんですが…

ところがどっこい、その真逆なんですよ

エフェクターの作り自体は、価格が安いだけあって簡素な作りになっているんですが、サウンドは本当にドぎつくうねったコーラス・サウンドが特徴です

言い方は悪くなってしまうんですが、安っぽいゲームみたいなサウンドなんですが「物は使いよう」でコレがとっても耳に残るんですよ!SMALL CLONEもやはりドぎついサウンドが特徴的でしたが、こいつはチープさが加わってより印象に残りやすいサウンドを作り出すことができます

シールドをつなぐジャックの部分がプラ製の部品でできているので壊れやすいのが難点ですが、有名な楽器店等がこのエフェクターをモディファイ(部品を取り替え改良する)した商品を販売しているようなので、ちょっと高めだけれど演奏やサウンドの安定性を考えた場合そういった商品を選ぶのもアリでしょう!

誰も持っていないようなコーラス ・サウンドが欲しくなった時、ここぞと言うギターソロをレコーディングする時にこんな飛び道具的なエフェクターを試してみるのも悪くないかもしれません

超個性的、攻撃的なコーラス・サウンドが欲しくなった時はARIONです!

まとめ

さて、ここまでいくつかのコーラス・エフェクターを紹介してきましたが…コーラスって装飾的に使うものだとばかり考えていませんでしたか?

いやいやいやいやいや、よく考えてみてください

音を歪ませたり、残響音を加えたりするだけじゃなくって実際音を「揺らしている」わけなので、実はめちゃくちゃ聴き手に「おっ!何だこのサウンドは!」と印象付けることができるんです。普通の音じゃないぞ!って違和感を与えることができるんですね!

コーラス・エフェクターって音を綺麗に装飾するものではなくって音自体を変化させて聞いている人を不思議な感覚にすることができる、そんな物凄く強引なエフェクターなのかもしれません!

軽くかけるだけならともかく、ステレオで鳴らすこともできるので

例えば、アンプを2台設置して、ステレオでコーラス・エフェクターを深めにかけて、さらにそのアンプ2台の距離を離そうもののなら音がグルングルンと回っているように聴こえてしまうんですから、演奏者やリスナーまでを摩訶不思議な世界へ誘うことだってできちゃうんです!

ただ、エフェクト効果だけに頼っているとグネグネとした変なギターの音を出す人と言う印象だけが残ってしまうという可能性もあるので、楽曲の方向性とギターのアレンジをしっかり見つめて「ここぞ」というところで思う存分その効果を試してみてください!

きっとあなたのギターサウンドがコレまで以上に深みを増すこと間違いなしです!(Depthって言うツマミがあるので、深く揺らしたい場合はツマミをたくさんひねってみてくださいね!)

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました!



スポンサードリンク