スポンサードリンク

ディストーション・エフェクター

歪みエフェクターにおいて、オーバードライブの次に一般的なディストーション・エフェクター

オーバードライブと比べるとより深い歪みが得られるので、ハードロック・ヘヴィーメタル、メロコアやハードコア、オルタナティブロック等、激しめのジャンルのミュージシャンに好んで使用されます

1970年代に登場してからギタリスト達に幅広く使われているエフェクターの1つです

様々な機種がリリースされている昨今ですが、この記事では代表的なディストーションの機種をいくつか紹介しつつその特性や使い方をギタリストならではの目線で紹介していこうと思います

最後までお付き合いくださいね!

スポンサードリンク

おすすめのディストーションはこれだ!

BOSS BD-2

エフェクター界において知らない人はいないであろうBOSS

BOSSからも様々なディストーションがリリースされているんですが、現場目線で本当に使えるエフェクターだなと感じるのはやはりブルースドライバーでしょう!

どちらかというとオーバードライブとして捉えられることが多いこの機種なんですが、GAINをアップさせるとかなり深く歪ませることができます。一般的に音を歪ませすぎてしまうと原音が潰れてしまって薄っぺらいサウンドになってしまいがちなんですが、このブルースドライバーに関して言えば、原音をギリギリ保ったまま深く歪ませることができるという特徴があります

ブルースドライバーなんていう機種名からも想像できる通りクランチ気味の歪みから深い歪みまでオールマイティーにこなすことができる上、どちらかというと泥臭い感じのサウンドが持ち味のこのエフェクター、ディストーション初心者でも安心して使える1台ですね!

ProCo RAT

ディストーション界においてプロギタリストからアマチュアまで絶対的な信頼を得ているRAT、1度はこの機種の名前を耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか?

1970年代後半にリリースされてから、幾度のモデルチェンジを経て現在でも後継機種がリリースされ続けている歴史あるディストーションペダルです。生産された年代によってサウンドに幅があるので当たり外れが大きいエフェクターだと言えるかもしれません…

しかし長年に渡ってギタリストに支持され続けているだけあってその個性的な歪みのキャラクターと独特のコントロールツマミによって作り出すことができるサウンドは折り紙付きです

少しジャリっとしたようなハイがキツいような印象を受けるかもしれませんが、真ん中についているFILTERというツマミによってハイの成分をコントロールできるようになっています(小難しく書いてしまいましたが一種のイコライザーのようなツマミです)

現行で手に入れる事ができるのはRAT2という機種で、元々のRATに比べるとどこかハイエンドなサウンドのキャラクターが特徴ですが大まかにはRATの遺伝子を受け継いでいる優秀なエフェクターです

黒くて小さな、風変わりなルックスですが他のエフェクターやアンプのサウンドと織り交ぜることによってとても個性的なディストーションサウンドを作り出す事ができるでしょう!

MXR M104 Distortion

次に紹介するのはディストーション・エフェクターの元祖とも言えるMXRの黄色いヤツです!

オジーオズボーンのギタリスト、ランディ・ローズが使用した事があまりにも有名ですよね!歪みのツブの目が荒くて深く素直に歪ませる事ができるこのエフェクターはTheディストーションサウンドとして世界中のギタリストに愛されています。

元々は下の画像のような筆記体でロゴが刻印された機体だったのですが、時代の流れと共にエフェクターの色もより明るい黄色になって刻印されるアルファベットの字体も変化していきました

筆記体バージョン

何と言っても元祖ディストーションと言うだけあってクラシカルでマイルドなサウンドキャラクターを持ちつつ、ガツンとハードに歪ませてくれるコイツ

オーバードライブでは物足りない!でも今時のハイエンドな音じゃなくて温かみのあるサウンドが欲しいんだよな!という方はコイツをチョイスしてやると良いでしょう

ツマミもOUTPUTDISTORTIONの2つだけなので、操作で迷う事はほとんど無いと思います!こういうシンプルなエフェクターに関して言えば小難しく考えるよりも繋いで直感に任せてサウンドメイキングした方が良い結果が生まれる事がほとんどです!

もう少しツブの細かい歪みが欲しいなと思ったときは筆者も愛用しているprime distortionという機種もリリースされているようなので選択肢の1つに入れてみると良いかもしれませんね

prime distortion

Marshall The GUV’NOR

最後に紹介するのはMarshallのガバナー

マーシャルが歪みエフェクターなんてリリースしていたの?と思われる人もいるかもしれませんが、名機と呼ばれるようなシブい歪みエフェクターを何台かリリースしていたんですね!何を隠そう、高校生の時に筆者が初めて購入したのもマーシャルのガバナー(旧モデル)でした

もの凄く雑な表現になってしまうんですが、荒々しくワイルドなキャラクターの歪みが特徴です!決して今時のサウンドではないんですが個性だけで言うなら今まで挙げてきた歪みエフェクターの中でもダントツの1位です!

マーシャルの歪みエフェクターだけあって、マーシャルアンプを歪ませたようなサウンドが得られるようなイメージを持つ方もいるかもしれませんが筆者に言わせれば全然ベツモノです(もちろんいい意味で!)

マーシャルアンプを使って、さらにサウンドのキャラクターの1つとしてこのエフェクターを使ったとしても十分に役に立つぐらい個性的なサウンドが特徴のガバナー。モデルチェンジ前の個体はイギリス製と韓国製の個体があるので、個体によってもキャラクターが様々です

こういう個性的なキャラクターを持ったエフェクターでサウンドの基本を作りつつ現代テクノロジーを駆使したハイエンドな空間系エフェクター等で装飾することによって現代音楽シーンでも十分に通用する音作りができたりします

古いエフェクターだからって古臭い音しか作れないなんて事は一切ありません!

昔のエフェクターだからこそ出せる独特のキャラクターが、誰も聴いた事がないようなサウンドを作り出す基礎になったりするんですから!ガバナーはそんな使い方ができるエフェクターだと思います

まとめ

さていかがでしたでしょうか?ここで紹介してきたディストーション達は、あくまで定番中の定番とも言える機種ばかりです!楽器屋さんに行けばここでは紹介しきれないぐらいのエフェクターが所狭しと並んでいる事でしょう

そんな中で何を基準に選べば良いのでしょうか?

  • サウンドのキャラクターが自分の好みなのか?
  • 操作性・エフェクトのかかりやすさは?
  • 歪みの目が細かいのか?荒いのか?
  • 自分のジャンルに適合しているのか?

色々な基準があると思います

この記事で紹介したペダルは定番のモノばかりなので、唯一無二のサウンドは作り出せないんじゃないか?と思われるかもしれません…

 

しかし!

 

長年にわたって多くのギタリストに支持されているのにはやはり理由があるんです

どの機種にも言えるのが

  • 原音を潰してしまう事なく
  • きちんと深く歪ませる事ができて
  • エフェクターとしての個性的なサウンドキャラクターを持ち合わせていて
  • 操作しやすい

という事が特徴として挙げられます

最終的にサウンドのキャラクターを決定づけるのはエフェクターではありません!使用しているギターとアンプ、そしてピッキングのニュアンスと演奏者のハートによって音は本当に様々な表情を見せてくれます

演奏者のハートを常に刺激し続けてくれるような名機と言われるペダルには理屈では説明できないような要素もふんだんにあるのではないかと筆者は考えます。エフェクターなんてどれを選べば良いんだろう?と迷ってしまった時には、ここに挙げてみたエフェクターをまず試してみると良いでしょう

サウンドの根幹をしっかりと作った上で、今っぽく装飾することなんて本当に簡単にできてしまうんですから!

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました!



スポンサードリンク