スポンサードリンク

BOSS Dimension C(DC-2)

BOSSの変わり種エフェクター、ディメンションことDimension C(DC-2)

 

やたらギタリストから支持されてるこのエフェクター、一時は中古価格がかなり高騰して手に入りづらい時期がありました。

 

最近では復刻版であるWAZA CRAFTシリーズにもラインナップされています

 

 

つまり…

 

とても人気がある、だけではなく

ギタリストの耳と心を捉えて離さない何かがあるのでしょう

 

一体このエフェクターのどのような点が優れているのか?

 

長く愛され続けている秘密は?

 

そんな視点でこのエフェクターを分析してみようと思います!

 

スポンサードリンク

そもそもどんなエフェクターなの?

ざっくりと言うと、このエフェクター

 

コーラスなんですよ!

(ざっくりしすぎですね、笑)

 

BOSSのコーラスと言えば、歴史的名機とも言えるCE-1をはじめ

 

いわゆる青いヤツが何種類もリリースされています

 

そもそも、このコーラスというエフェクターは…

 

「原音」と「原音をちょっと遅らせた音」を機械的に混ぜて、音に揺らぎを与えて耳障りの良い立体的なサウンドを作ったり

 

音のうねりを激しくして、厚みのあるトリッキーなサウンドを作ったり

 

つまり…

 

「音を揺らす」ことで効果が得られるエフェクターなんですよ

 

ディメンションの最大の特徴は?

ですが、ディメンジョンはコーラスエフェクターでありながら

 

音を揺らさないんですよ

 

揺らさない代わりに「コーラス風味のサウンド」をボタンを押すだけで得られるような設計になっていて、サウンドパターンが4つ用意されているモノだと認識してもらっていいと思います。

数あるBOSSのエフェクターの中でも、パラメータをツマミで変更しないこのタイプの機種ってディメンションだけなんですよ。上の画像にあるように4つボタンがあって、ボタンを選択する事によって異なるサウンドを選ぶ事ができるようになっています。

 

実際のサウンドは?弾いてみた感想は?

まずは、筆者があーだこーだいう前に実際のサウンドを動画で聴いてみてください!

 

一般的なコーラスエフェクターが、原音と原音を遅らせた音のミックスで成り立っていることから多少音が分厚くなってしまいがちなんですけれど

 

ディメンションは心地よい揺らぎサウンドをダイレクトに出しているような感じに聴こえます。

 

どういう原理でこのサウンドが作られているのか?というのは筆者も分からないんですが…

 

普通のコーラスエフェクターから余計な音域を省いたような、スッキリとしたサウンド

そんな印象を受けます。

 

音がスッキリしている分、他のエフェクターとのマッチングも良いように思いますし

普通のコーラスエフェクターにはない個性的なサウンドメイキングが出来ちゃうというのがポイントだと言えるでしょう!

 

まとめ

という感じで、ディメンションについて色々語ってきた訳なんですが

「何故、このエフェクターがギタリストに支持され続けているのか?」

という点についての筆者の見解ですが…

 

操作がシンプルで、美しく使いやすいサウンドが得られるから

 

まとめるとこういうことじゃないかな?と思うんですよね

 

結局のところ、効果を得ようとして余分な機能やサウンドを「足し算」してしまうと結果として耳障りなサウンドになってしまうような気がするんです。

 

音も、アレンジも、ギターのフレーズも

「引き算」が大事だと思うんですよね

 

無駄を省いたシンプルで美しいサウンド

世代を超えて愛されるサウンドだと筆者は思います。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました!



スポンサードリンク