スポンサードリンク

SHINOS AMPLIFIER(シノーズ・アンプ)

ここ最近、筆者がトライセラトップスのライブを観にいったりインターネット上で星野源の使用機材を調べていたりして気づいたこと…

 

「SHINOS」ってロゴが入っている見た事のないアンプがあるぞ

 

そして実際のそのサウンドを聴いてみると

 

  • クリアなんだけれどどこか懐かしい
  • ギターそのものの響きを忠実に増幅している

 

そんな気がするなぁ、いい音だなぁ、と思っていたんです

こんないい音を出すことができるアンプのブランドを知らないなんて…それでも俺はギタリストなのか⁈という謎の自責の念に駆られて、SHINOSアンプについて色々調べて早速試奏もしてきました!

 

SHINOSアンプの特徴や簡単な歴史なんかを、ギタリストとしての視点で色々と解説していこうと思います!

 

最後までお付き合いくださいね!

 

スポンサードリンク

SHINOSアンプってどんなアンプなの?いつできたの?

そもそもSHINOSアンプってどんなアンプなのか?簡単に説明しましょう!

 

ミュージシャンのステージ周りをサポートする「ギターテクニシャン」という方々(ライブ会場などでギターやアンプなどのメンテナンスやトラブルに対応する機材のスペシャリスト)がいるんですが…

ギターテクニシャンをやりながら、その中で得た知識を元に自分でアンプを作ってしまおう!ということで出来たのがSHINOSアンプなんです!

代表 篠原 勝氏

代表の篠原(しのはら)さんが作ったブランドなので「シノーズ」なんですね(シンプルで分かりやすい!)2006年に会社を設立し、現在もステージでのギターテクニシャンをやりながら高品質なアンプを制作しているという篠原さん

現場での最前線の知識をそのままアンプ製作に生かすというのはとても理にかなっていますよね!ステージ上で起こり得るトラブルや、アーティストから直接聞くことができる要望をそのままアンプ作りに生かしていけば、単なる「高品質なアンプ」ではなく「現場で役に立つ高品質なアンプ」を作ることができるからです

 

バックパネルを見ながらバイアス調整がその場で出来るというのは、篠原さんの経験から生まれたSHINOSアンプの大きな特徴の1つです

クラシックなブランドに負けず劣らずの高品質なサウンドを提供しつつ現場での操作性にも優れていてなおかつメンテナンスが自分でも出来てしまう!というのがSHINOSアンプがトップミュージシャンから支持されている要因なんでしょう

SHINOSアンプを実際に試奏!サウンドの特徴は?

難しいことはさておいて、実際SHINOSアンプを弾いてみた感じについてプレイヤー目線でレビューしてみたいと思います!筆者が実際に弾いてみたのは、代表的なコンボアンプLUCK6Vのカスタムバージョン

LUCK6V

SHINOSアンプの代表機種とも言えるコンボアンプ、とっても高価なアンプなんですが噂に違わぬゴージャスなサウンドが印象的でした!

高音域から低音域までとてもバランスの良い安定したサウンドがくっきりとスピーカーから出ている感じがして大きな音でも全く耳障りではなかったです

チャンネル数が多いわけではなく、ツマミの数も多すぎないので筆者のようにシンプルな操作性を求めているギタリストにはとても分かりやすくできています

 

スピーカーはセレッション製のクラシックリード

CELESTION Classic Lead

グリーンバックやクリームバック、ブルーアルニコみたいにクセは無いのですが、滑らかで上品なサウンドだなという印象です

昔懐かしいベーシックなサウンドが土台になっているので、シンプルななロックをやるのに向いているだろうし、上質なサウンドを生かしてポップス系の音楽にもピッタリだと思います

 

高価で質の高いアンプだけあって、それぞれのジャンルに適応しつつどことなくゴージャスなギターサウンドだなという印象を与えられるんじゃないかな?という感じでしたね

レコーディングやライブで使用すれば、ギターサウンドに精通している人を唸らせることが出来るのは間違いないでしょう!

まとめ

山下達郎さんや星野源さん、THE MODSSCANDAL等のロックバンドまで本格派のミュージシャンがこぞって使用しているSHINOSのアンプ

信頼できる高品質なアンプというだけではなく、代表の篠原さんがギターテクニシャンなので使用しているアーティストさん達は「製作者にすぐに相談したり、メンテナンスを依頼できる」という点をSHINOSアンプのメリットとして挙げているようです

 

まさにトップアーティストならではの理由ですが…それを抜きにしたってプレイヤー目線に立って造られた、実戦的なアンプだと言って過言ではないでしょう!

ヴィンテージの高価なアンプを選んで相次ぐ故障に悩まされるよりは、SHINOSアンプを手に入れてきっちりと調整しながら長年の愛機とするのも1つの手段かもしれません!

 

歴戦のプロギタリストでもメインのアンプとして使用できること間違いなしです

 

最後まで読んでくださってありがとうございました



スポンサードリンク