スポンサードリンク

Fender Stratocaster ストラトキャスター

1954年にフェンダーから発表されたストラトキャスター

スクリーンショット 2016-03-14 20.46.56

発表されて以来、世界中のギタリストに使用され続け今なおギブソンのレスポールと並んでエレキギターの2大巨頭の1つとして君臨し続けている機種です。

楽器屋さんに行けば、たくさんのストラトが所狭しと並んでいて「どうだ!」と言わんばかりの存在感を放っているのですが…

ストラトって安いのから高いのまでたくさんあるけれど結局どれを選べばいいの?そもそも何か違いってあるの?

と思われたそこのあなた!

はい、年代によって色々違うんです。分かりにくいですよね…」と、答えざるをえません。

レスポールのように

  • スタンダード
  • トラディショナル
  • カスタム

と種類が分かれているわけではなく、一見するとほとんど同じように見えるので

「ストラトって、何だか楽器屋に一杯置いてあるのにどれ選べばいいか分かんねーよ」という世にも恐ろしい事態に陥ってしまうかもしれません!

年代によってマイナーチェンジ・スペックの変更あり!

実はこのストラトキャスターというギター、生産された年代によって何が違うかと言うと

ネックや指板、ボディに使われている木材仕様が変更されているんです。

年代ごとにその特徴を簡単に説明すると

1954〜1958年

  • ボディ材:アッシュorアルダー
  • ネック材:メイプル1ピース

最初期のストラトはアッシュ材のボディメイプル1ピースのネックが特徴です。

とてもシンプルなつくりで「パキッとした高音」が印象的です。枯れた、いなたいサウンドが特徴なのカントリーやブルースに使えば当時の空気感まで再現できるかもしれませんね。

1957年以降はボディにアルダー材が採用されてストラトの基本サウンドが確立されます。

ストレートなサウンドを求めるならこの年代のストラトでしょうね!

1959〜1960年代中頃

1959年以降、メイプルネックにロースウッドという木材を貼り付けたネックが採用され新たなサウンドが生まれることになります。

中音域がふくよかで、より太くロックに適したサウンドが作りやすくなりました。

この年代はロックの草創期に当たるのでフェンダー社もそのあたり意識をしていたのか?それともストラトの音がロックの歴史を作ってきたのか?どちらにしてもとても興味深い年代ですね!

指板の裏の形が平らなスラブボード仕様のものや、わん曲しているラウンドボード仕様なのかそれによってもサウンドの特徴が変化します。

1960年代後半〜

60年代も後半になるとメイプルネックにメイプルの指板を貼り付けた「貼りメイプル」仕様のネックが登場してさらに「ラージヘッド」仕様のストラトが登場してきます。

ローズ指板のストラトが太く粘り気があるサウンドがするのに対してこの時代のストラトの特徴は「とにかくクリア」なサウンドが特徴です!

またラージヘッドのストラトは見た目にもインパクトが強いので、その辺りも選択肢の1つになってくるでしょう!

 

ストラトの特徴を年代ごとに、大まかに分類するとこのように分けられます。

1980年代以降のモデルは上記のモデルを意識して「何年代頃のストラトを参考に」という風に作られた上、その仕様やグレードによってカテゴライズされています。

  • ネックやボディに使われている木材やパーツ
  • 何年頃のモデルを参考に造られたものなのか?

まずはその辺りを意識して選んでみることをオススメします。

音で選ぶ?見た目で選ぶ?

前項では年代別、仕様されている材質について説明してきましたが、中には

  • 「木材?そんなのどうでもいいんだよ!見た目が第一なんだよ」
  • 「音楽はよ、理屈じゃねーんだよ!直感が一番大事なんだよ」

という感覚派のギタリストもいるかもしれません!

筆者はこういうギターの選び方も全然アリだと思っています。

例えば自分の好きな色のギターを持ってステージでとにかく目立ちたいというギタリストがいたとします。

そんなギタリストが音響エンジニアや熟練のギタリストにしか分からないような細かな音にこだわって後で見た目で後悔するよりも自分の好きな色や形だけで選んでみたり実際に持って見た時のフィット感だけで選んでしまうのも方法の1つです!

(ストラトはネックを取り外して交換することができるボルトオン方式を取っているので音が気に入らなければ後で自分好みに改造するという奥の手もあります)

一番大事なのは「自分で選んだストラトをどれだけ好きになって長く使えるか」というポイントに尽きると思います。

  • 音なのか?
  • 見た目なのか?
  • 弾きやすさなのか?
  • 重さなのか?

自分の中でプライオリティを決めてそれに基づいていろんな角度から検証してギターを選ぶと良いでしょう!

スポンサードリンク

ストラトを使用しているギタリストは?

1954年から使われ続けているストラトキャスター

そんな優秀なギターを世界のトップギタリストが放っておくわけはありません!と、いうことでストラトを使用している主なギタリストを紹介していこうと思います。

エリック・クラプトン

スクリーンショット 2016-03-15 1.26.19

まずはこの人、エリック・クラプトンです。

長いキャリアの中で数々のギターを弾き倒してきた彼ですが、ES-335やレスポールを使用していた時期を経て、主にソロ期になってからストラトを愛用しています。

「ブラッキー」という愛称の黒いボディのストラトがあまりにも有名ですよね!

年齢を重ねてブルージーなプレイに磨きをかけていく中、細かなニュアンスを表現することができるストラトを選んでいるのはとても理にかなった選択だと思います

ジョン・メイヤー

スクリーンショット 2016-03-15 1.28.47

最近では新・世界3大ギタリストなんてのもあるようなのですがその中の1人であるジョン・メイヤーもストラト使いです

彼がリスペクトするスティーヴィー・レイ・ヴォーンの影響による所だと思いますが、そのエッセンスを吸収した上で斬新なサウンドを聴かせてくれるギタリストです

古き良き音楽の要素を取り入れつつ、実験的かつポピュラーな彼の楽曲はとても刺激的ですよね!歴史あるストラトキャスターを選びながらどんどん新しい音楽を創ろうとするその姿勢の表れだと言えるでしょう

リッチー・ブラックモア

スクリーンショット 2016-03-15 1.30.32

ストラトを使って革新的な「早弾き」というジャンルを確立したのはハードロック界の重鎮、リッチーブラックモア大先生です。

ギターでより早いフレーズを弾くために指板をえぐって、より軽いタッチで音が鳴るようにする「スキャロップド加工」という荒技を使ってストラトを改造してみたり

ギターとは関係ないですがステージ上でヴォーカリストが気に入らなかったらプレイを放棄して水をぶっかけたり

ロック界の荒くれ者として名を馳せていますが、裏返せばとことん自分の理想と向き合って妥協を許さない姿勢の表れだと言えるでしょう

実際、彼以降早弾きというジャンルが確立されイングヴェイ・マルムスティーンのように数多のフォロワーが世界中で大活躍をしています

ジミ・ヘンドリクス

スクリーンショット 2016-03-15 1.31.53

最後に紹介するのは歴代最高のギタリストと言っても過言ではないかもしれないジミ・ヘンドリクスです

今さら筆者が言うまでもありませんが右利き用のストラトを改造して左利き用にして使用していることはあまりにも有名です

そんな奇想天外な改造を実際やってしまう所が彼の凄まじさですよね

プレイ・サウンド・スタイルどれを取っても常識を覆す発想が彼の素晴らしさなのかもしれません。ストラトはそんな彼の頭の中にあるサウンドを表現することができる重要なツールの1つだったと言えるでしょう

まとめ

「ストラトキャスターを使おう」と思うに至るまでは様々な理由があると思います。

  • ブルースロックを極めよう
  • 大好きなあのアーティストと同じ1963年のヴィンテージを手に入れよう
  • ハムバッカーは出力が大きいから、より繊細な表現のできるストラトに持ち替えよう
  • 粒立ちの良いクリーントーンで実験的なサウンドを出したい!

守備範囲の広いストラトキャスターはギタリストのいろいろな欲求を満たすことができるオールラウンドプレイヤーです。

 

楽器屋に行って、ズラッと並んでいるストラトを見つけたら

  1. まずはネック・ボディの材質・生産された年代をチェック
  2. お気に入りのカラーリング、実際試奏した際のフィーリング
  3. 自分がこれからやる音楽・ジャンルとのマッチング

この順で選んでみましょう!

 

まるで分身の術のように並んでいる同じような形のストラトの中からあなたにピッタリの一本を選ぶことができるでしょう。

もしも運命の一本に出会うことができたら、そこからがスタートラインです!

ストラトキャスターが必ず、あなたの音楽的欲求を満たして表現の幅を増やしてくれるでしょう!

 



スポンサードリンク