スポンサードリンク

VOX新真空管Nutube

ここの所巷を騒がせているVOXの新真空管Nutube(ニューチューブ)という物の存在を皆様ご存知でしょうか?(ここの所と言いつつかなり前から出回っていますが…笑)

いわゆる一般的な「真空管が使われているギターアンプ」と言えば

こういうのを思い浮かべる方が大半だと思うんですよ

前時代的ですよね…

って言ったら色々な方からお叱りを受けそうですが…何を隠そう、筆者も真空管アンプ大好き人間の1人です。

 

細かいこと言い出したらキリがないのですが、エレキギターの音が熱を帯びるようにオーバードライブした時のサウンドを聴いた時の高揚感はもちろんのこと、GAINのツマミを上げすぎた時の悲鳴をあげるようなフィードバック音すらも愛おしく感じられる…はず(笑)

デジタル全盛、インターネットでの動画編集のためアンプシュミレーターでの音作りが一般的となっている現在の音楽シーンにおいても何でこんなに需要があるんでしょうね?

 

デカイし

重いし

場所とるし

ギターの音出す以外に使い道無いし(当たり前)

 

と、真空管アンプのデメリットばかり語っていても仕方ないので話を元に戻しまして…「新真空管」というからには一体どんなモノなのか?

 

実際に体験してきた筆者が一言で表現するとしたら

真空管とトランジスタのイイとこ取りっていう所でしょうかね!

Nutubeの特徴は?

「真空管とトランジスタのイイとこ取り」って表現しましたけれど、じゃあそれぞれのイイところってどういう所でしょうか?

 

まず、真空管アンプのイイところと言えば、温かくて粘り気のある独特なサウンド。このサウンドが欲しいが為にあんなにも大きくて重いアンプが重宝されているんですから、当たり前と言えば当たり前かもしれません。

トランジスタアンプのイイところと言えば、メンテナンスがほぼ必要なく故障も少ないという使い勝手の良さ。更に大きな真空管を使用しなくても良いのでアンプ自体を小さくできるという所になるかと思います。

 

他にも細かいこと言えばキリがないぐらいあるんですが大まかにはこんな所でしょう!

 

まとめると…

 

トランジスタアンプのように、故障が少なくメンテナンスもあまり必要がない、それでいて真空管アンプのような温かみのあるサウンドを出すことができて、更にアンプ自体の大きさを小さくきてしまう!

 

というのがNutubeの特徴だと言えます!

 

スポンサードリンク

Nutubeってどんなモノ?

ここまで、Nutubeというモノについてあまりにも大まかに説明してきたんですけれど、現物はどんなモノなのかというと…

こんな感じ!

 

見た目だけで言えばトランジスタに近いのかもしれませんが

れっきとした真空管なんですよコレ

 

日本でVOXアンプの販売を行っているKORGというメーカーが企画・開発したモノなのでKORGから出ているVOXのギターアンプに搭載されていることが多いんですが、どうやらオーディオ業界からも注目されているらしく、オーディオ業界でもNutube搭載の小型アンプが発売されたりすることがあるのかもしれませんね

実際に演奏してみて

で…実際に演奏してみた感想なんですが

思ったよりずっと真空管やんけ!!!

って、Nutubeは真空管なので当たり前と言えば当たり前なのかもしれませんが

筆者が使ってみたのは、Nutube搭載のVOXの小型アンプヘッド、MV50シリーズ

コンパクトエフェクターぐらいの大きさのアンプヘッド、今までの真空管搭載のアンプヘッドと比較したら信じられないぐらい小さいんですよコレ。

「真空管アンプは大きい!」っていう先入観があるから実際に音を出してみるまで信じられなかったんですが、本当に真空管アンプの暖かいサウンドがします。

 

しかも

 

小型であるが故に、持ち運びも便利で最大50Wという仕様になっているからこの小さなアンプで大きなマーシャルのキャビネットを鳴らすこともできるんです。

ここまではメリットを中心に感想を書いてみました

 

で、デメリットは?

と言う声が聞こえてきそうなので、いくつか挙げてみると

プリアンプ、パワーアンプともに真空管を使用しているアンプと比較すると音の輪郭というか立体感が足りないような気がします(抽象的な表現でスイマセン)

プリ部分はNutubeを使っているものの、パワーアンプはクラスDのトランジスタアンプを使用しているのでそういう所が関係しているのかもしれませんが大きなスピーカーから音を出した時の「音の塊」感が感じられなかったように思います。

さらに、メリットなのかデメリットなのかは人それぞれですが

ごっついフィードバック音がしないんですよコレ

フィードバックしないが故にライブで使いやすいという側面はあると思うんですが、荒々しいフィードバック音を自在に操って演奏していたジミ・ヘンドリクスのようなサウンドは得られないのかもしれませんね。

まとめ

色々と抽象的な感想やら何やら述べてきましたが…

総じて言うと…

めちゃイイものだと思いますNutube

そりゃ昔ながらの真空管アンプには真空管アンプの良さがあって間違いないのですが、時代にあったツールとして考えた場合こんなに使いやすいモノはないでしょうね。

冒頭でも述べたようにDTM全盛の現在、コロナ禍もあいまってネット上でギタープレイを披露する機会も非常に多くなってきていると思います。

ネットを通してギターサウンドを伝えようと思ったときに「音の塊」みたいなのって伝えられないモノだし、それでいて真空管の温かみのあるサウンドはリスナーに伝わるんですからね!

 

これからのNutubeの進化から目が離せない筆者です!

最後まで読んでいただいてありがとうございました!!



スポンサードリンク