スポンサードリンク

高井 俊 (たかい すぐる)

昨年はリーグ4位に低迷した読売巨人軍、若手の成長が期待される中一際注目を浴びている投手がいます!それは…

高井 俊(たかい すぐる)投手

2016年の育成ドラフト契約で入団した若手のホープです!

彼の最大の特徴は大リーグでも大活躍した野茂選手のトレードマークだったトルネード投法!その大きなフォームから繰り出されるストレートは150キロを超えることもあります!

スポンサードリンク

プロフィールを紹介!実は調理師免許も持っている!

まずはプロフィールを紹介しましょう!

プロフィール

  • 高井 俊(たかい・すぐる)
  • 誕生日:1995年8月22日新潟県・見附市生まれ
  • 身長:180センチ
  • 体重:78キロ
  • 東北高〜新潟アルビレックスBC〜巨人

小学校2年生の時から野球を始めた高井選手、地元の中学校を経て名門東北高校へ入学し野球部に所属することになります

東北高校と言えば斎藤隆選手やダルビッシュ有選手などのメジャーリーガーを輩出した名門、高井選手が在籍した時には惜しくも甲子園には出場できなかったみたいですね!

その後、大学などから誘いはあったものの進学はせず

長岡市にある調理師専門学校に通って調理師免許を取得しています!調理師免許を持っているということは、自身の栄養管理なども上手なのかもしれませんね

その間も地元にある軟式野球チームで野球は続けてたみたいで…

野球を続けている中でプロ野球選手への意識も高まっていったようで、トライアウトを受験し地元新潟のアルビレックス新潟BCに入団、トライアウト時にはストレートの球速が141キロだったようです

アルビレックス新潟所属時にトルネード投法へのチャレンジを始めました!

徐々に頭角を表し入団2年目には球速が152キロにアップ!

素人考えなのですが、球速が10キロ以上上がることってあるんですね!身体的な特徴なのか?本人の才能の片鱗なのか?これが巨人のスカウトの目に留まって、2016年のドラフト会議で育成1位で巨人に入団することになります

若さと将来性を買われての指名だったのでしょう

球速はあるものの制球力が課題の高井選手、ここからプロとしてのキャリアを積み上げていくことになります!

期待のトルネード右腕 投手としての特徴は?

高井選手、プロ2年目のシーズンオフにその存在をアピールし始めることになります

台湾のチームを相手に好投、秋季キャンプにおいては高橋由伸監督の目の前で打者を三者三振にとるなど課題だった制球力も付いてきた上に、元々のパワフルなストレート、そしてカーブフォークなどを駆使した投球で徐々に結果を出しつつあります

筆者世代からすると、このスタイルは往年の野茂選手や佐々木主浩選手のようなパワーで打者をねじ伏せられるようなそんなピッチングスタイルを思い出さずにはいられません!

出てきたら安心感のあるピッチャーに育って欲しいですね!

まとめ

昨今の巨人軍を見ていると、球速や技術等に関して言えば一昔前よりもはるかに優れている選手がいるにも関わらずどこかパッと華のある選手がいないような気がしてなりません

そんな中、どこか特徴的な高井選手は一皮向ければ大化けするような気がしてなりません

全くの素人目ではあるんですが投球フォームを含め華があるような気がするんですよね…スター選手というのは一流の技術を持ち合わせているのはもちろんのこと、どこか人を惹きつけられるようなカリスマ性のようなものも持っていると思います

これから結果が伴い、メディアに取り上げられればそういった資質も磨かれてどんどん目立つ存在になっていくかもしれませんね!

これからの高井選手の活躍に期待しましょう!

 

最後まで読んでくださってありがとうございました!



スポンサードリンク